最大手の工作機械製造会社。NC旋盤・MCで強みを持つ。2013年9月までの旧社名は株式会社森精機製作所(もりせいきせいさくじょ)。
ヤマザキマザック、オークマ、ジェイテクトと共に日系四大工作機械メーカーの1つ。

主にCNC旋盤やマシニングセンタの、ともに中型機を手掛けている。工作機械製造会社としての歴史は古くないが、機械工作の主流が数値制御(NC)へと移って以降急伸した。現在は日本では、奈良県大和郡山市、三重県伊賀市の2箇所に、海外ではアメリカ(デービス)、中国(天津)、ドイツ(フロンテン、ゼーバッハ、ビーレフェルト、イダールオーバーシュタイン)、ポーランド(プレシェフ)、イタリア(トルトナ、ベルガモ)、ロシア(ウリヤノフスク)の10箇所に構えている。

企業名 DMG森精機株式会社(DMG MORI CO., LTD.)
代表者鈴木 茂隆
公式サイトURL https://www.dmgmori.co.jp/
事業内容 工作機械(マシニングセンタ、数値制御装置付旋盤及びその他の製品)の製造、販売
所在地 名古屋本社
〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目35番16号
TEL : 052-587-1811(代)
東京グローバルヘッドクォータ
〒135-0052 東京都江東区潮見2-3-23
TEL : 03-6758-5900(代)
連絡先・担当者 森 雅彦
事業所本社(愛知県名古屋市中村区)
東京グローバルヘッドクォータ(東京都江東区)
奈良第一工場(奈良県大和郡山市)
奈良第二工場(登記上本店、奈良県大和郡山市)
伊賀事業所(三重県伊賀市)
設立年度 1948年10月26日
関連会社 株式会社太陽工機
DMG森精機セールスアンドサービス株式会社
ビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社
株式会社マグネスケール
資本金 51,115百万円
従業員数 13,042名(2018年12月)

 主要製品

  • CNC旋盤
  • 高速精密旋盤
  • ターニングセンタ
  • マシニングセンタ

 沿革

1948年(昭和23年)に奈良県大和郡山市で創業した。当初は繊維機械を製造していたものの、1958年(昭和33年)に一転して工作機械製造の分野へと進出し、1968年(昭和43年)には数値制御式(NC)旋盤の製造を始めた。

2001年(平成13年)5月には、独創的なCNC立形研削盤で知られていた太陽工機が傘下入りし、2002年(平成14年)には日立精機の事業を吸収するなど、積極的に事業の拡大を図っているほか、2000年(平成12年)にはツガミの自動旋盤のヨーロッパにおける販売を受託する提携を行なっている。

2004年(平成16年)10月には、経営企画、営業などの本社機能を大和郡山から名古屋へと移転した。本社機能移転の理由としては、
1)交通至便な名古屋駅前という立地は、全国各地からのアクセスが容易であり、千葉事業所からのアクセスも良いこと、
2)主力の伊賀事業所から近く、ビジネス上も断然有利である上、伊賀事業所が名古屋と奈良事業所のほぼ中間に位置し、連携がスムーズに行えること、
3)かねてから取引先が経済的に非常に好調な東海地方に多く、その東海地方には自動車、セラミック、電子、航空機部品メーカーなどの納入先や鋳物などのサプライヤーが多数存在しているため、さらなる成長の可能性、将来性が大きく期待できることなどが挙げられる。

2005年(平成17年)2月には、伊賀事業所付近に三重交通高速バスのバス停留所(御代インター森精機前)が新設され、名古屋駅(名鉄バスセンター)から72分と、伊賀事業所への公共交通でのアクセスが非常に良くなったほか、愛知県常滑市に中部国際空港が開港し、同空港から本社まで車で約35分、伊賀事業所まで車で約75分と便利になった。

2005年(平成17年)4月には、CNC旋盤における「ビルトインモータ・タレット」の開発において、2004年度日本機械学会賞(技術)を受賞した。
2009年(平成21年)3月、ヨーロッパ最大手の工作機械メーカー、ギルデマイスターグループ(DMGブランド)と資本提携。
2010年(平成22年)3月末には、ソニーの子会社であるソニーマニュファクチュアリングシステムズから計測機器事業を買収し、株式会社マグネスケールを設立した。

2004年度(平成16年度)から新卒者の採用を拡大。
2005年(平成17年)10月7日からはテレビCMを放映している。

2013年(平成25年)3月、ギルデマイスターグループとの提携強化の一環として社名を「DMG森精機株式会社」に変更することを発表し、同年10月1日付けで変更した。なおギルデマイスター社(GILDEMEISTER AKTIENGESELLSCHAFT)も社名を「DMG MORI SEIKI AKTIENGESELLSCHAFT」に変更。

2015年(平成27年)3月25日までの株式公開買い付け(TOB)で目標にしていた保有割合50%を超え、同年5月付けで独DMG MORI SEIKIを子会社化した。 これにより世界最大の工作機械メーカーとなった。

2015年(平成27年)4月1日には、アマダマシンツールより旋盤事業を譲り受けた。

2016年(平成28年)8月、鳥人間コンテストにバードマンハウス伊賀(DMG森精機のクラブチームチーム)として初出場で3位入賞(記録は17854.09m)。

2017年(平成29年)8月、鳥人間コンテストに2年連続出場。現行ルール上初の往復で40kmを達成し初優勝。

2019年(令和元年)8月、昨年の中止を挟みかつ、往復距離が60kmに変更されたなかで周回を達成し2回目の優勝。

Follow me!